--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.12.02 22:00

やっと観ました、「冥界の殺生丸」!
いやー、もうニヤニヤが止まらなくて大変。




感想はもうすでに皆様があちこちで書かれてるので
なんだか今更な気もするんですが。
原作で読んだ時、ああこれが動いて喋ってくれたら~と
切ないまでに妄想したもんです。
まさか実現するとは当時思いもしなかったから感慨深いものが…。

まあね、それだけ脳内妄想してきた期間も長いだけに
自分仕様の冥界編というものも既にエンドレス再生してたせいか、
実際にアニメで見ると「ちょっと違う~~」という箇所もあるにはあったわけですが。

でもでもやっぱり公式でビジュアル化していただけるというのは
本当にうれしい~~。

ご母堂様のイメージがほぼまんまだったのが何よりでした。
冷徹な物言いや拗ねたセリフや、あの殺生丸に命の重みを説いて聞かせる威厳ある態度とか
もうすべてがグッジョブ!といいたい。

「りんを失ってまで得るものなど…何もない!」という成田さんの演技も素晴らしい。
ああ、これを聞きたかったのよ~。
えーと、「もう~大丈夫だ」のイントネーションにはズッこけたけどね、まあね…いいけどね…。
そ、そう、いいんですっ 映像化してくれたんだからっっ

惜しむらくは、セリフがところどころカットされてたことでしょうか。
「生きている…」とほっとする場面と
「つれて帰る!」と決意を新たにする場面と
「この腕は戦う為の腕だ」という場面。
あれがあるから「こんなものの為に…」と天生牙を捨てて
りんちゃんを抱き締めるというエピソードが生きてくるのに~。
い、いや、いいんですっ 映像化してくれたんだからっっ

ちゃんとりんちゃんの頬に手を添えてくれましたし
その時の兄は原作よりうれしそうな顔してたし
「変なところが父親に似てしまったな」というご母堂様のセリフも拝聴できましたし
ああ、長年の夢叶いました~。

完結編で何が見たかったと言えば、このエピソードだったんで
なんか私の中では犬夜叉完結編はなかば終わったみたいな雰囲気なんですが、
まだ死神鬼編もあるし、爆砕牙も登場するし、
よく考えれば最終回の貢ぎ兄もあったわ。まだまだ終わってない殺りんアニメでしたv

最後に一言だけ。
「癒しの天生牙!」とか「冥道残月破!」とか技名を叫ぶ兄は、やっぱり嫌かも…。



スポンサーサイト

| 犬夜叉 | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。