--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.05.07 23:14

このGWは比叡山延暦寺に行ってまいりました。
ていうか、その近くのオシャレなフランス風ホテルに泊まりにいったのですが
チェックインの時フロントで「明日は比叡山にお参りにいかれるんですよね?」と
とてもにこやかに尋ねられ、なんとなく否定できずに「はい」と答えてしまい
バスの時間など非常に親切に教えてもらって結局雨の中お参りに行くことに。
ほんとはホテルからまっすぐ京都におりるつもりだったんですけど…(バチ当たりな)
でも行ってよかったです。
また今度、って気軽に行ける場所じゃないですもんね。
根本中堂の秘仏薬師如来を照らす光は、「不滅の法灯」と呼ばれ
1200年間ずっと灯され続けてきたんだそうです。
1200年!すごいですねー。気が遠くなりそうだ。
現代まで消さずに灯し続けてきたその努力って想像に絶するものが…。
雨というか薄暗い天候だったのがかえってよかったそうです。
晴れた日だとこの灯りは外の光に紛れて見づらいらしい。
雨女の私にもたまにはラッキーな事はあるものです。



サンデー


な、奈落…。
やっぱりキミの望んでいたものは桔梗の心だったのか…!
要するに、好きな子に好きと言えず
意地悪することでしか相手の関心をひくことができない切ない小学生だったのね。
しかも「あの世でもおまえと同じ所には行けそうもない」なんて
消滅の間際にそんな泣きのセリフが出るとは思いもしませんでした。
なんて殊勝なことを~~。
いろいろいろいろ姑息なことばかりやってきたお騒がせ妖怪だったけど
最期、蔭刀の顔に戻って消えていく場面は
おばさん、思わずうるっときてしまいましたよ。

ところでドサクサまぎれにしっかりりんちゃんのそばにいる殺生丸。
いつの間にそのポジション取ったんだ。
いやまあその心掛けはまことによろしいかとv

いよいよ最終回が近いようで、少しばかりさびしい思いが駆け巡ります。
奈落が四魂の玉にかけた願とは何か?
かごめの背後に開いた冥道で、何が起こるのか?
ひや~、来週も目が離せません。
スポンサーサイト

| 犬夜叉 | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。