FC2ブログ

2009.10.25 17:50

うーん、なかなかリアルタイムでアニメが見られないので
感想もほぼ一週遅れというのがデフォになりつつあります…。
で、今回「冥道残月破」。





やっぱり凄い勢いで原作消化してますね~。
この回なんて、一期だったら3週くらいかけてやっただろうに
七宝の昇級試験とムジナと、そして兄の新技ゲット。
まさか一度にやってしまうとは思わなんだ…。
でも超スピードで展開していくので、
七宝のギャグ回は小気味いいくらいテンポがよかったです。
原作読んでるのと同じ感覚で笑えました。
しかしムジナのエピソードはあんだけさくさく進めるんなら
この際カットしてもよかったんじゃ、ゴニョゴニョ…。

そして今回のメインイベント、冥道残月破!…なんですが、
前回で熟し柿にならなかった兄は当然ボロボロになってないし
闘鬼神が折れたことも割とさらっと流しちゃってて
あまり黄昏てなくてなんだかねえ…
原作ではこの後パパの形見の天生牙がついに武器に変身すると刀々斉に言われて
「え??」とばかりに目を見開いて少しばかり幼い表情を見せるんですよね。
それを見てこちらも「よかったねー、殺生丸」と思えたんですが
アニメではそういうタメは一切なくてあっさり感が否めない。ああもったいない。

それはともかくりんちゃんと邪見のやりとりがもうほんとかわいいなあ。
すっかり孫の面倒みてるおじいちゃんになってるよ邪見。
ほんとこの御一行はなごみます。
そして相変わらず作画がとてもきれいです。
冥界編でもこの調子でよろしく。
でもテンポはゆっくりやってくれ~。
そういえば、2期のサブタイトルは1期と違って簡潔ですね。
1期はお子様向けなのか、勢い重視で説明的で余韻がないっていう感じでしたが
今回は「奈落の心臓」「神楽の風」とあっさり、どこか突き放したような(笑)
私としてはこちらの方が好きですが。




17日の午後9時半ごろと、18日の午後9時前に
サイトの方の拍手ボタンを押してコメントくださった方。
なぜか激しく文字化けして読めません~。
よろしければ再度お送りいただけるとうれしいです。

その他、いつも拍手ありがとうございます。
スポンサーサイト



| 犬夜叉 | コメント(0) | |

2009.10.17 21:18

やっと第2話観ました。
第1回のジェットコースター展開に一抹の不安があったんですが、
神楽の最期はできる限り尺を取ってくれてました。
Aパートは桔梗翠子、鋼牙と急ぎ足だったけど。

なんかいろいろ超編集で話が前後してましたが
26話という限定スケジュールの中でスタッフの苦労が偲ばれる感じです。

冥王獣の扱いの軽さといったら…(泣)
即効退場でしたね。あまりにも哀れすぎる。
それから熟した柿みたいにボロボロにされる兄もなかったので
「手当しなきゃ」というりんちゃんもなし。
でも前回でカットされた「器」発言は今回にやってくれたのでまあいっか。
しかしどさくさ紛れに蒼龍破使うなー(笑)
映画観てない人には、何それ??な感じでしょ。
まあ殺りんファンにとっては記憶に残る技でありますが。

神楽の最期は丁寧にやってくれました。
白い花の咲き乱れる背景もきれいだったし
兄の抑えた言動もよかった。
わかってはいたけど、なんだか涙が出そうになりました。
強いて言えば、神楽が消えてからもう少し余韻が欲しかったかなあ。
でも時間的に制約のあるところで、精一杯演出してもらえたと思います。
それにしても2期は作画がきれいでうれしい。
1期の殺生丸はちょっと老けてたけど(T_T)
今期の殺生丸は原作に近くてすごく美麗ですv
このまま最後まで突っ走ってほしい!

さて第3回はムジナと、早くも冥道残月破。
2期は兄も登場率多いので毎回うきうきです。
しかしどうか兄一行のエピソードはできる限り原作準拠でお願いします…。

ところでムジナ、予告編で観たらすごくかわいいんですけど。
中身がおっさんなのが惜しい…。
あ、前回の日記でOPで兄が冥界にいると書きましたが
あれはEDの方でした。
もういろいろ記憶力が怪しくなっている今日この頃…。

レスです。

続きを読む

| 犬夜叉 | コメント(0) | |

2009.10.06 16:50

またまた間があいてしまいました。(この頃こればっかり)
体調はよくなったかと思えばある朝突然へろへろになって
仕事に行くにも一苦労な状態が続いてます。
お医者さんからは、ストレスが原因だろうからストレス減らしなさいと言われてますが
そんな、現代人なんか誰だってストレスだらけじゃんっ
減らせるものならみんなちゃっちゃと減らしとるわ!
とドクターには言えず。
きっと先生だってストレスいっぱい抱えてると思います。ねえ先生?
当分よくなったりぶり返したりで行くしかないようです。とほほ…

そんな暗い日常に一筋の光といえば、犬夜叉完結編!
リアルタイムは無理なので今日録画をうきうきと視聴、視聴…
以下軽くネタばれで。






て、展開早っ

ダイジェスト版かと思いましたよ。
「これまでのあらすじ」的なものは一切なし。
ぼーっと見てたら、あ、あれ??ととまどうくらいの超スピードです。
あれはご新規さんにはまったく理解できなかったんじゃ…?
以前のアニメをずっと見続けていたコアなファン向けな作りでした。
いや、ずーっと見続けていた私もちょっとついて行くのが困難な…。
記憶力は日に日に減退しているようです…。
1巻半くらい消化したんじゃないですか??
そりゃ残りの話を26話でまとめないといけないわけだから詰め込みは仕方ないですね。

しかし懐かしいな~。
第一回ということもありオールキャラ顔見せという意味もあったわけで
ちゃんと兄御一行も登場しました。
「邪見さまー、邪見さまー、おーいーてーくーよー」なりんちゃんに再び会えて
おばさんはうれしいよ!
といっても今回はほんとに顔だしだけで一瞬だったけど。
まあ冥界編さえきっちりやってくれれば文句ないんですが
この展開の早さに一抹の不安が
あったりなかったりあったりあったり…。ドキドキ。

OPの殺生丸が立っているのは冥界だと思うんだけど、りんちゃんはおらず。残念。
後半部分で邪見とりんちゃんも兄と共に登場するから、まあいっか。
しかしこの兄、どこか違和感…と思ってよく見たら

左腕あるしっ

てことはもうOPはこのまま最終話までいっちゃうってことかしら…。
OP最後の邪見と七宝の「だるまさんがころんだ」はかわいかったんですが
スタッフ、そこはりんちゃんの立ち位置でしょ!?
なんで七宝~~。

…まあ不満はこれくらいでしょうか。
とにかく犬夜叉が完結すること自体奇跡なんですから
これから半年、ありがたく視聴させていただきます!

来週の予告編、神楽が幸せそうに殺生丸を見上げて…
神楽~~っ
もう退場なんですか~~(号泣)

| 犬夜叉 | コメント(0) | |