FC2ブログ

2006.10.28 23:23

障子を貼り替えました。
今のマンションに引っ越して4年、
和室の障子が一マスずつべらべらと剥がれだしてきた。
室内にいる時はそう気にならないのだけど
ベランダに出て外から見るとボロ障子はまるで廃屋。
これではまるで兄一行が野宿する廃寺のお堂のようです。
(あの時代に障子があったのかどうかはともかく)
こりゃいかんと思い、泣く泣く重い腰を上げました。
ひとりで障子の張り替えなんて、もう大変です。
今までも猫が爪でちょんと突いちゃった痕とか
掃除機で突き破った痕とか(粗雑やのー)
そういう部分的な張り替えはやったことあるんだけど
全面2枚の張り替えは未経験です。
思わずやり方をネットで調べちゃった…。
検索したらものすごい数のサイトがヒットしました。
随分と便利な世の中になったものです。

まず古い障子紙を破り、綺麗に糊も剥がし
上から下まで9段、1枚ずつ紙をサイズ通りに切って
刷毛で桟に糊を塗り塗り。
それからしわができないように下の段から張っていく。
しかし。
「空気が乾燥しているとしわができやすいので張り替えは雨の続く湿気のある日がベスト」
…それ、冒頭に書いておいてください。
ここしばらく晴れてるし湿気ないし(泣)
もう破いちゃったから今日中に張らないと
夜になったら外から丸見えになるので、仕方なく作業続行。
「乾燥してても最後糊が乾いてから霧吹きで湿らせれば大丈夫です」
だからそういうことは最初に言ってください(ていうかまずちゃんと最後まで読んでから作業しましょう)
ということで100円ショップに走り霧吹き購入。
そんなこんなで午前中からほぼ日暮れまでかかって
2枚を無事に張り終えました。
仕上げにもちろん霧吹きでシューッ。おお!
まあ初めてにしたらうまいことできたんじゃないかと自画自賛です。

これでもう野宿のお堂ではなくなった。
妄想できなくてちょっと寂しくもあるけど。
いやいや殺りん妄想よりもお家のお手入れが大事。
殺生丸もりんちゃんを嫁に迎えたら、
障子もぱりっと貼られた豪邸に落ち着いてくれることでしょう。
…案外甲斐性なしで一生野宿かも?
それでもあのママのところへは意地でも帰らないような気がする…。
スポンサーサイト



| 日々徒然 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2006.10.26 22:51

いや、別に日ハムファンじゃないんですが
札幌のあの盛り上がり見てたら日ハム応援するしかないなあと思っていたので。
それに新庄もこの日本シリーズで引退だし。
もったいないなあと思うし
彼みたいな人はプロ野球界に必要とは思うのですが
この絶頂期でさっさと引退するのは彼らしい。
阪神からメジャーに、そして日ハムに。
長い間ご苦労様でした。

サンデーは読んだんですが
神無が痛々しくて…
感想を書く気になれない。
奈落は神無が感情を持たないとうそぶいてますが
そんなことはないと思うんです。
最後の最後にパパの期待を裏切る娘という展開になるかどうか。
でもこれでもしかして神無退場かも…?(泣)

拍手、押してくださってありがとうございますv
更新がなかなかできないサイトなのに、
わざわざ押してくださる方が毎度いてくださり、励みになります。
以下レスです。

続きを読む

| 日々徒然 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2006.10.23 22:44

ここのところずーっと危機的状況のネウロです。
これまで無敵だったもんなあ、こんな危うい展開は馴れてないファン…。
ものすごく負けず嫌いなのか
プライドが邪魔するのか
たぶんその両方でしょうけど
(どこかの犬兄とそっくりだわ)
いつも通り魔人は平気な顔してますが
顔にひびはいってるし…。
ヤコちゃんはしっかり彼の体調の変化を見破ってます。
「私の頭掴む手がいつになく弱々しい」
もう少々の痛さじゃ満足できなくなったのか、ヤコよ(違っ)

今回の見所はヤコに自分の弱体化を鋭く指摘された瞬間のネウロの固まったような横顔。
おー、動揺しとる!いつも余裕かましていた魔人が!
彼がこれほど内心を露わにしたのはもしかして初めてじゃないですか。
しかもその動揺を誘ったのが、強敵HALではなくて
奴隷人形ヤコだというのがた、たまらん…。
HAL編は毎回引きが凄くて次週が待ち切れません。
来週、早く来て~っ

| ネウロ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2006.10.23 00:52

大阪で、大好きな人形作家与勇輝さんの展覧会があったので行ってきました。
この人が創作する子供の人形って、なんて魅力的なんだろう。
頬の輪郭、小さな鼻とか、指先、足の指まで繊細で表情豊かで、
まるで本当に生きているような人形たちをずらっと見ることができて
いやー、ちょっと遠かったけど行ってよかったです。

作品の中には現代風のミニスカートでケータイ持った女の子とか
妖精とか花嫁さんもあるんだけど
やはりこの方の真骨頂は、昭和初期の素朴な着物を着たごくごく普通の子供の人形だと思う。
気負いのない自然な表情でこちらを見ていたり、彼方を見ていたりする彼らを見ていると
さあ、ここでいつもの病気発動ですよ。
女の子の人形がみんなりんちゃんに見えてきてしまう。
もちろん時代が違うから、着ているものもおはしょりがあったりして
髪型もみんな結い上げてちんまり纏めてるんだけど
あの幼い頬の線とか、邪気のない目とか見てると
もうどうしてもりんちゃんにしか見えない。
ちえ、殺生丸いいな~
こんなかわいい子毎日連れ歩いてるんだ~
そりゃ情も移って、必死で守りたくもなるわなとか
いろいろ邪気まみれなことを考えてしまった管理人でした。

いや、本当にできるものなら一体欲しかったですよ。売ってはいないけど。
もし売っていたとしてもとても買えるような代物ではないと思うけど。
仕方ないので図録を買いました。
そしたらちょうど与さんのサイン会が始まって
図録を買ったらサインしてもらえるということで
サインももらって握手もしてもらえましたv
穏やかな初老のおじさま、という感じの方でした。
与さんに、髪をおろして、片方だけ結わえた格子柄の着物の女の子作ってほしいなー。

あ、今週はサンデーが読めなかったのでした。

| 犬夜叉 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2006.10.17 23:18

先週の危機をどうやって回避するのかと思っていたら
魔帝7つ兵器なるものが登場。
それ反則じゃ…(もごもご)
「魔界でも数人しか使えない奥の手」ってことは
ネウロは魔界でも結構特別な存在てことですか?
まあ自分でも突然変異種だって言ってたから
特別なことには間違いないか。
しかしヒグチ君は完全に電子ドラッグにやられてたわけではなく
洗脳されたのは50%だけでした。
ある程度わかっていてあれだけやったのか、おいおい…
そしてヤコはヒグチ君のその状態をちゃんと見抜いていました。
観察眼鋭くなってきたなー。成長してるんですね。
ネウロを助けたくて必死だったとか? ウフフ(怪)
で、結構平気そうなネウロですが
傷だらけだし足もとふらついてるし
ダメージは相当喰らってるようです。
奥の手魔帝7つ兵器は両刃の剣だったということか。
こんなんで本丸HALとの対決は大丈夫なんですか。
なんて言いながら弱ってるネウロも
なかなかセクシーで素敵だとか思ってる私…。
そしてヒグチ君はもうこれで退場なのかな。
かなりエキセントリックなキャラで面白いから
ちょっと残念だったり。
ていうかヤコにちょっぴり気があるのかと思ってましたよ。

で、ここは殺りんサイトの日記だというのに
毎週ネウロ、ネウロと連呼してたら
ネウロの格好良さをわかってくださる方が
ついに現れましたvvやったね!
そうなんですよAさん、
絵柄は個性的なんで好き嫌いが別れちゃうと思いますが
慣れたらすこぶる美形に見えてくるので不思議です。

| ネウロ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2006.10.12 23:14

引退続きで寂しいです(泣)
阪神タイガースは優勝を逃しましたが
甲子園最終戦、そして片岡の引退試合を勝利で締めくくりました。
片岡篤史選手、15年間お疲れさまでした。
そして今までありがとう~!

…以上タイガースファンの叫びでした。

| 日々徒然 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2006.10.11 22:58

久々の妖怪犬!
…ということできっと犬夜叉ファンは喜んでらっしゃることかと。
妖怪化したけど、意識はしっかり保っている犬夜叉です。
ああしかし、鏡の化け物が攻撃を受けると
神無がどんどん傷ついている…。
ますます神無退場フラグです。
幼女を前線に立たせて自分は安全圏で高みの見物状態な奈落。
き、きさまって奴は~!
自分の娘を犠牲にして平気なのかっっ
…って奈落はそういう奴でした。
あ、タイトル覚えてない…。


…短くてすみません。
殺生丸一行は出ないし
阪神はセ・リーグ連覇逃すし
ディープインパクトは年内で引退するし
いろいろと意気消沈な水曜日でした。

| 犬夜叉 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2006.10.08 23:22

月曜日が祝日だとジャンプの発売日は土曜日になる…。
ハッピーマンデーって、ジャンプで連載している漫画家さんには結構きつい制度かも。
私は土日は休みだけど祝日はお休みじゃないのでハッピーマンデーは関係なしです(泣)
ということでネウロ感想。


ネウロはやっぱりヤコを助けましたv
落下する車からヤコを崖まで蹴り上げるという全然優しくない荒技(笑)
でもヒグチ君曰く「ネウロが自分の脱出を優先してたら逆にこっちが危なかった」と言うからには、ネウロは攻撃よりもヤコの命を優先させたってことよねー、うふ。
それにしてもヒグチ君の過去は悲惨だった…。
ネグレクトは今となっては全然珍しい話じゃないから
あのエピソードは漫画の話と笑い飛ばせないですよ。
私はネットゲームをしたことがないからよくわからないけど
育児放棄に至ってしまうくらいハマってしまうものなんでしょうか…
とにかくヒグチ君、苦労知らずの頭でっかちパソオタクというわけではなかった。
親に愛されたかったのよね、ただ普通に構って欲しかっただけなのよねー。

で、ネウロはちゃりんこ軍団に囲まれてピンチです。
「パワーが足りない」
「絶対絶命…というやつか?」
などと独白してますが、その表情はどこまでもクールで追い詰められてるという感じではない。
でもしばらく謎喰ってないし、地上に長くいすぎて瘴気不足だし
ピンチなのは確かなんですけど。
ということはここでヤコちゃんがヒグチ君をなんとか説得するんだろうか。
ヤコの日付がいよいよ変わる…?


拍手いつもありがとうございますv
レスです。

続きを読む

| ネウロ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2006.10.05 22:57

サブタイトルうろ覚えなんですけどこれで良かったかな…

かごめが放った矢は、鏡の怪人には全然きかなかったけど
神無の喉にひびが…!
先週の神楽を思う描写といい、
これは本当に神無退場フラグかも~~
神無までいなくなったら、もう奈落サイドに魅力あるキャラいなくなるじゃん!
それは嫌だ~~。
主人公の身を心配するんじゃなくて神無を心配してる私って…。


本日も拍手押してくださった方々、本当にありがとうございますv

| 犬夜叉 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2006.10.03 23:57

ネタバレですのでまだ観てらっしゃらなかったらお読みにならないで。




安本さん、好きだったのに…(泣)
夏美を実の娘のように気遣って心配して、いいキャラだったのになあ。
前シリーズでもラスト近くで一瞬黒幕っぽい描写があって
結構ハラハラドキドキして観てだけど結局犯人は別にいて、
無事定年退職して終わってくれたからほっとしてたのですが。

しかし今回また登場したので嫌な予感はしたのですよ。
そして悪い予感は的中してしまった…。
唯一の救いは夏美が手に掛けたわけではないということでした。
前回の安藤君の時はきつかったからなあ。

信頼していた人から裏切られるという経験を2回もしてしまった夏美は
よく精神的に持つなあと感心してしまいます。
しかもその人たちは二人とも夏美に好意を示しながら
自分の罪の清算として自ら死を選んでしまう。
私だったら耐えられないわ。

ところでラストで、何やらまた怪しげなやりとりがあって
また新シリーズが始まるのか?と思ったらなんと映画になるのでした。
フジテレビ、「踊る大捜査線」で味しめたかな?
や、「アンフェア」は面白いしうれしいけど
あの暗いムード満々の話を劇場で観るのか…。
それにしても蓮見さん、どこまで夏美の足を引っ張る気なんでしょう。
ていうか、何考えてるんだかさっぱりわからないこの人。

今日も拍手押してくださった方々、ありがとうございますv

| 日々徒然 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2006.10.02 23:30

やっぱりネウロは運転初めてだった…。
でも魔界の、1秒でマッハまで加速可能で、乗ってる人間の身体はGに負けて引きちぎれるという乗り物には乗り慣れてるらしい。
そんなもん、乗りたくないわっ。
ところでヒグチ君の犯罪願望はカオス…
なんとなく納得。彼って体制に甘んじてるタイプじゃないし。
天才肌の人間って怖いですねー。世の中が混沌とすればするほど萌えるらしい。
凡人には理解不能です。
で、その天才肌が作った新型の電子ドラッグに感染した人たちはもうネウロとヤコを殺す気満々。
主の為なら自ら人間縄梯子になることも厭いません。凄すぎる…。
ネウロとヤコが乗った吾代君の愛車BMWは谷底に激突大破しました。
この際ネウロとヤコの安否を心配するよりも、愛車を失った吾代君に甚だしく同情したのは私だけではあるまい。
吾代、強く生きるんだよー!
HAL編は長いですが飽きさせません。
来週ネウロがどんな反撃に出るのかすごく楽しみ。
それにあの状態ではいくら何でもヤコちゃんはネウロにかばってもらわないことには助からないでしょう。
てことはあのドSなネウロがどんな風にヤコを助けたのか、それが知りたいvv
たまには本当に守ったー!ってな感じでヤコをかばってください。
いつもさりげなくだから、あれ?あれってヤコちゃんをかばったんだよね…そうだよね?てな感じなんで。
某犬兄のようにもうどうにも言い訳しようがないくらいに守ってほしい、一度くらい。

| ネウロ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2006.10.01 22:20

韓国映画「グエムル~漢江の怪物~」観てきました。
韓流ドラマは最初に乗り遅れたこともあって全然興味ないけど(冬ソナさえ観たことない)
韓国映画は面白いと常々思ってたので、友人が観たいというのに付き合いました。
…面白かったです。ヒーロー不在の中、ダメ家族が一致団結して少女を救うために奔走する過程はドキドキしながら観てました。
最後がもう少しカタルシスがあったらよかったかなあ。
ただね、前の回が終わるのを待ってたら会場から出てきたメンツが、お子さまだらけだったんですよ。
なんとなく地域の子供会の催しっぽい。
でもこの映画は怪物が結構グロくて、人間襲って人間喰ってシャレコウベ大量に吐き出して…とわりとえげつない描写があるのに、こんな映画をいたいけなよい子が観ていいのか…?と心配してしまいました。
でも映画館から出てくるお子さま達はそれほどショックを受けた風でもなくのほほんとした風情。
今時のお子さまはそんなにヤワではないのね。
私はCGちゃちいなあと思いながらも結構怖かったのにさ…(ヘタレでごめんなさい)

ここでちょっとCM。
このブログからもリンクしてます殺りんカレンダー企画「月彩暦」、
10月11月のカレンダーが今日から配布開始です。
ぽん吉さんのうっとりするようなイラストに
不肖みなゆきがSSを書かせていただきました。
いや、まあSSはそんなにお邪魔にはならないと思います。無視できます。
ぽん吉さんのイラストは秋風味たっぷりのものすごく素敵な絵なので
ぜひともダウンロードしてくださいませ。

7月からプー太郎してましたが、この25日から仕事に復帰しました。
資格職なので職場には不自由ないのがありがたい。
でも3か月あまりぐだぐだしてたので、きちんと朝起きて働きにいくのが結構きつかったりして(こら)
でも働からず者喰うべからずなので仕方ないです(こらこら)
でもお給料の高低よりも、就業形態が楽な週休3日のところを選びました。(こらこらこら)


拍手いっぱい押してくださってありがとうございますv感謝感謝です。
拍手レスですv

続きを読む

| 日々徒然 | コメント(0) | トラックバック(0) | |