FC2ブログ

2006.09.24 23:07

「BLOOD+」終わりましたねー。
このブログを始めた当初は「BLOOD+」の感想も書いていたんですが
途中でやめちゃった理由…。
心から「BLOOD+」を楽しんでいらっしゃる方が私の感想を読んだらきっと不快に思われるだろうなと予想できる感想しか書けない気がしたからです。
映画「BLOOD THE LAST VAMPIRE」のイメージを期待していたのに「BLOOD+」はまったくの別物だったというのは痛かったですねー。
話が進むにつれてこりゃダメだと思ったわけで…。
あ、単体としての「BLOOD+」は楽しめました。
不必要なエピソードとか、なんでここでこのキャラが死ななきゃならないんだ?とかいろいろ不満はあるけれど、まあそれなりに纏まって終わったんじゃないかと思います。
あと、音楽がいかに大事かということを痛感したアニメでもありました。
第3期までのOPとEDはすごく好きだったんだけど正直第4期は感情移入できなかった…。
なので最終回のEDが第1期の元ちとせだったので嬉しかったです。
あのEDでこれまでの不完全燃焼を払拭してもらえました。
なんだかんだと不満だらけな作品でしたが、顧みると結構楽しんでました。
1年間見続けたアニメが終わってしまうのはやはり寂しいです。
スタッフの皆様、ありがとうございました。


23日、24日と何故か拍手が増えました。
拍手してくださった方々、ありがとうございますv
スポンサーサイト



| BLOOD+ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2006.04.23 23:15

随分と間が間があいてしまいました。
だって書くことがないし…。
「忙しい」とか「お昼食べられない~」とか
それしかないこの数日間。
パソコン起動してもネット回りする気力もなく過ごしてしまいました。

サンデーはちゃんと読んでるんですよ(立ち読みですけど)←(こらこら)
奈落のねちっこさが復活してくれてうれしいなとか
犬夜叉に裏切られたと誤解した桔梗はどれほど悲しかっただろうかとか
それを改めて知ったかごめはとっても複雑だっただろうなとか
それにしても殺生丸一行はどこで何してるんだとか
いろいろ思う今週でありました。

今週の「BLOOD+」。
カイファンには申し訳ないけど、カイにいらいらしてしまいました。
いきなり小夜とハジ批判から話を始めるなんて…。
アプローチの仕方がおかしいです。
シフが現在直面している立場を最初から丁寧に説明したらいいじゃないか。
そしたら小夜だってちゃんとカイの話に耳を傾けたはず。
そもそもシフは大勢の人間を虐殺してるし
小夜やハジを殺す気満々で襲ってきてるし
そんなシフと戦うのは小夜にとって当然といえば当然。
兄弟だと信頼しているカイからあんな風にいきなり否定されたら小夜だってショック受けますよ。

今週一番気になったのは、ハジの発言でした。
「ずっと小夜のそばにいることができるのはリクだけ」みたいなこと言ってませんでした?
小夜のそばにずっといるのは、ハジじゃないのか~~?
「私は…」
と言ってその後黙ってしまったハジ。
「私は」のそのあとは何なの~~?
ハジには永遠に小夜のそばにいて欲しいです(泣)


レスです。

続きを読む

| BLOOD+ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2006.04.08 23:55

景色がやけに黄色く見えるから
とうとう寝不足がピークに達したかと思っていたら
記録的な黄砂襲来でした。
お陽さまが黄色いお盆のようです…。
週末しか洗濯できないのでしかたなくしましたが
外に干すのは非常に躊躇われたなあ。

さてBLOOD+。
実は先週見逃しました…。
残業になっても、土曜の定時は1時。
いくらなんでも6時には帰れるだろうと思っていたのですが
実際帰宅したら5時半。
ほら、大丈夫。間に合った~と思いながら夕飯の仕度していて
6時前にテレビつけたら、なんか特番やってるし…?
ああ~っ、そうだった、1日に限り5時半開始だったYO~と絶叫してももうあとの祭。
というわけで先週見てなくて今週に突入です。
リクはやっぱり小夜の従者になったわけですね。
なんかカイが気の毒です。
かけがえのない家族だと思っていた小夜はもとより人間ではなく。
そしてリクもまた小夜のシュバリエとなってしまった。
沖縄での彼らの家族としての幸せを、いつか取り戻せることができるのでしょうか。
そしてハジとリクの関係ってどうなるんでしょうね。

| BLOOD+ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2006.03.11 23:55

昨日まで正常に動いていたドライヤーが
今日おシャカになりました。
温風が出ません。
いくら暖かくなってきたといっても
濡れた髪を冷風で乾かすのは寒いです。風邪ひきそうです。
ていうか、全然乾きません。
明日大阪に出るので、ヨ◯バシでマイナスイオンのドライヤーを購入しよう。
ああ、また予定外の出費だわ~。


今週の「BLOOD+」
ハジの少年時代が拝めました~。
シュバリエって元々は人間だったんですか。
私てっきり小夜と同じくもともとシュバリエという種族がいるんだと思ってました。
ハジは元は人間だったんですね。
そして最初は小夜の正体も知らなかったし
小夜に対してもすごく反抗的だったのも意外でした。
いやあ、少年ハジかわいかった。
そしてあんなに反抗していた小夜にいつのまにか絶対服従を誓う彼。
小夜はあんなに我が儘だというのにねー。
そして今に至るわけです。彼、いろいろ苦労してそうです。
ところで小夜の妹と言われている存在。
本当に邪悪なのはもしかして小夜ではなくて
この妹ディーバなんですかしら。

今週思いがけずハジの子供時代を拝めて、ほくほくであります。
こうなると殺生丸の少年時代も見てみたいなあ。
でもこちらはきっと無理でしょうね(泣)


| BLOOD+ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2006.03.05 22:50

今週の「BLOOD+」。
小夜を気づかうハジと、それを頑なに拒む小夜。
そりゃまあ一度不信感持ってしまった相手を受け入れるのは難しいですよね。
でもそれでも黙って小夜に付き従うハジは従者の鑑です。
なんだか邪見と重なるものが…。
主が妖怪でも吸血鬼でも、ひとたび惚れてしまったら
もうどこまでもついていきますご主人様~なんですね。
小夜を守るために、傷だらけになるハジ。
なんだかこの頃ハジがとっても痛い目に遭ってるような気がします…
肝心の小夜は全然その想いを受け入れてくれないし。
いや、ハジに抱き寄せられて少し頬を赤らめていたけど
それを認める小夜ではないしねえ。
…と同情してたら、さすがに血だらけのハジの心情を小夜は理解したようで。
よ、よかった~。
ハジ、報われたね~。
二人の信頼関係が戻ったところで、来週は安心して観られますv

| BLOOD+ | コメント(0) | トラックバック(0) | |